アトピーと肌トラブル

アトピー性皮膚炎というのは、肌のバリア機能が低下し、そこにアレルギー反応などの様々な刺激が加わった結果起こると言われています。

花粉症これを引き起こすのは、細菌やウイルス、ハウスダスト、花粉、発汗、汚れ、睡眠不足や生活習慣の乱れと言ったものとなります。また、紫外線やストレス、ホルモンバランスの乱れといったものも考えられますし、遺伝子的なところによるものとも言われているのです。

アトピー性皮膚炎の特徴としては、上半身に発疹が起こることが多いと言われているのです。繰り返し何度も掻いてしまうところにできやすいとも言われているのですが、その症状は人によって異なります。皮膚科での診断を受けることが大切です。

アトピーの改善についてですが、これは薬による治療は勿論ですが、原因に対しての対策が求められます。炎症を抑えるための薬物療法が効果的だとも言われているのです。抗生剤の投与はもちろん、場合によってはステロイド剤を使うことも視野に入れることも大事となります。ステロイド剤は使い方を誤ると大きな問題に発展する可能性がありますから、医師の指示に従って、適切な量を必要とされる期間使うことが求められます。また身体を清潔にすることもアトピーへの対策には大切なこととなります。下着をきちんと取り換えることもそうですし、住まいの掃除や洗濯、食事についても気を付けたいところです。

アトピーについて、そして肌トラブルへの対策について、ここではもう少し詳しく紹介します。

Pocket